「花に蜜蜂 上」

本の詳しい内容

未購入

詳細
タイトル 花に蜜蜂 上
作者名
サークル名 空想巡業
カテゴリー
小説
オリジナル
一般向
全年齢向
試し読みあり
本文ページ数 212ページ
販売価格 350pt
紹介文章 その蜂の毒は、花にとっては蜜となる――

四つの国が〈大帝〉の座をかけて戦いを続けている大陸。そのうちの一国、東黎に生まれた主人公・千歳は〈花〉として軍属の道を選び、〈蜂〉である青年将校・橘と出会った。

〈花〉とは魔術の力を秘めた者。
〈蜂〉とは身体能力に秀でた者。
どちらも只人ならざる力を持ち、西華から送り込まれては東黎を脅かす生物兵器〈西鬼〉と戦っている。
だが彼らには、人間離れした進化を遂げたゆえの欠陥があった――

「門井ネリネを、覚えているでしょうね?」
「ああ。忘れはしない」

花と蜂、生きるために互いの体液を必要とする世界で、因果の相手と大戦時代を戦い抜く、愛と復讐と契約のバトルファンタジー。

※この作品はネットでも本編を公開しています。(http://nanos.jp/rin0256al/
※書籍版特典は、下巻の最後についている物語の数百年後を描いた短編になります。
タグ タグなし
試し読み あり

電子書籍のe-STARBOOKS : https://e.starbooks.jp/